乾癬(皮膚病の一つ)の闘病記です。


by tatakan

約2年ぶりに更新

ほんと久しぶりの更新です。

残念ながら今も治ってません。むしろひどくなってます。
久しぶりに「乾癬」について検索していたら自分のサイトにたどり着き・・・。

やっぱり、いろんな情報を入手したり、ブログとかで自分を公開していると治そうってモチベが上がりそうな気がしてまた更新していくことにしました。
こんなブログでも見てくださる方がおられれば嬉しいです。


これまで検索などでヒットして来ていただいた方々、更新もせず散々なブログで申し訳ありませんでした。
[PR]
# by tatakan | 2009-01-08 19:53 | ★ご挨拶

なんかいい情報ですね。

花王から保湿がどうのこうのっていうシャンプーが発売されましたね。
キュレルってのです。

これです。

今度買ってみようと思います。

やっぱり乾癬には保湿が一番でしょ。まだまだ加湿器がないとあっという間に30%以下の湿度になってしまいます。
当然なのかまだ患部の調子が悪いです。
このシャンプーが効果を発揮してくれるといいんだけど・・・。
[PR]
# by tatakan | 2007-03-19 21:36 | ★乾癬情報

病院(2007.01.20)

薬がなくなったので病院にいってきました。

先生の名前は・・・(あれ?わからない)・・・若い男の先生。

先生「どうですか?今の季節は大変ですよね。」
たた「そうですね。頭がひどいですね~。」
先生「うーん、この季節は仕方ないのかな~。」
先生「体は?」
たた「こんな感じです。」
先生「うーん、なるほど。」
先生「でも、冬でこの程度ならまだ飲み薬ってほどでもないですね。」
先生「冬だけ飲み薬を使う人もいるんですけどね。」
先生「でも、飲み薬は副作用もあるし、値段も高いのでどうしてもほしいってのじゃないとお勧めしてないんですよ。」
たた「先生、症状を抑えるってのじゃなくて根本的に直す方法はないのですか?」
先生「今のところね~。うまく症状を抑えて付き合っていくようにするのが最善ですね。」
たた「やっぱりそうですか~」

と診察終了。

診察代
1,320円

薬代
オキサロール軟膏 10g×5本
2,420円(一本484円になる)
[PR]
# by tatakan | 2007-01-21 08:18 | ★通院記録
年が明けましたね。
やっぱ冬だからでしょうか?それともお正月に栄養を取りすぎたためでしょうか?頭の症状がよろしくないですね。

今年最初の投稿ですので、目標を書こうと思います。

「乾癬を克服する!」

です。シンプルですがこれができれば最高の年になりますよね。

今年も症状や乾癬の情報についていろいろ書いていこうと思います。
よろしくお願いします。
[PR]
# by tatakan | 2007-01-10 23:50 | ★今の病状

ランキング

乾癬のための温泉ガイドをぐぐっていたらこんなランキングを見つけました。

http://www.ne.jp/asahi/jubus/com/ill2/html/ill2016.html

1位 自然療法で「乾癬」を治す ジョン・O.A. パガノ 中央アート出版社
2位 乾癬になったら読む本 木下 勤 リヨン社
3位 医師による切らない「白斑(肌の色むら)・乾癬(慢性皮フ炎)」の最新治療 山本 博意 海苑社
4位 乾癬のための温泉ガイド 白井 洋一朗 メタモル出版
5位 乾癬にせまる 文光堂
6位 乾癬・リウマチを治す細胞力?鉱石イオンが現代社会の難病をどんどん克服 福井 芳周 リヨン社
7位 21世紀の乾癬とその治療 手塚 正 トッパンメディカルコミュニケーションズ
8位 尋常性乾癬はこれで治せ! 日本自然療法研究会 日正出版
9位 尋常性乾癬・赤ら顔はこれ(腸内常在菌)で治せ! 薬効植物研究会 DSP出版
10位 尋常性乾癬の悩みを克服した人々 日本自然療法研究会 日正出版
11位 乾癬・リウマチ・更年期障害はこれで治せる、こうして治す 福井 芳周 リヨン社
12位 治らないといわれた乾癬が消えた?クスリに頼らず自宅でできる! 福井 芳周 リヨン社
13位 実地医家のための尋常性乾癬治療症例集?活性型ビタミンD3外用薬/マキサカルシトール 中川 秀己 医薬ジャーナル社
14位 乾癬が治るとき 木下 勤 リヨン社
15位 ガンコなアトピー・リウマチ・乾癬がピタッと消えた?自己治癒力を高める驚異の鉱石イオン 福井 芳周 リヨン社
16位 図解乾癬 (1964年) 坂本 邦樹 田辺シンテックス
17位 乾癬とその周辺疾患 今村 貞夫 金原出版

ですって。
私は2冊持ってますね。
1位と14位。
1位の自然療法で「乾癬」を治すはいいですよ。
14位はいまいちです。

他にもいろんな本がありますね。これは図書館でチェックですね。
[PR]
# by tatakan | 2006-12-10 23:22 | ★乾癬情報

あーあ

最近、頭のかさかさがひどい!
痒くて我慢できません。

悪化要因・・・。

飲み会があったくらい。それかな。飲んだのは水曜日なんだけど今日もまだカサカサ。

それとなんかの本で読みましたが、乾癬には寝不足がよくないとか。
私はこれまで2時に寝て6時に起きる生活でした。
それでも全く問題ないのですが、よく寝たほうがいいって書いてあったので12時前に寝るようにしてみました。
数日前からですが・・・。
[PR]
# by tatakan | 2006-11-24 23:04

本屋で

今日、会社の帰りに本屋さんによりました。
ちょっと買う本がありまして・・・。

んでもってせっかく寄ったので乾癬の本でもないかな~って思い、本屋さんをぶらぶら。

なかなかないものですね。アトピーとか糖尿病とか痛風とかいっぱいあったのに乾癬は一つもなし(一つだけエドガー文庫がありましたが)。

最近、患者数が増えてきてるっていうじゃないですか、本もいっぱい出てほしいですね。

まぁ、アトピーの本を読めば共通するところが結構ありますよね。

なにかよい本の情報ありましたら教えてください。
[PR]
# by tatakan | 2006-11-14 23:14 | ★その他

パガノ

今日は私のバイブル的存在の本を紹介。
ぐぐるといっぱいあるので詳細は皆さんでぐぐってくださいね。

自然療法で「乾癬」を治す
です。

おいおいって内容も書いてますが、できることから試していけばいいと思います。
まだ読んでない方はぜひとも一読してください。
後悔はないと思いますよ。
[PR]
# by tatakan | 2006-10-31 21:11 | ★乾癬情報

ネットで調査

今日はビオチンなるものを調査してみました。
なかなか理にかなっているような気がしてきました。

しかし、乾癬によくないトマト(ナス科)に多く含まれるという。
どちらが正しいのかな?

これからも調査します。

下記はあるHPからの引用です。

ビオチンは、ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一種です。


1935年、オランダのF. Köglが卵黄中から発見しました。酵母の増殖に必要な因子ビオス (bios) の成分として研究されたため、この名がつきました。また、皮膚炎を防止する因子として発見されたことから、皮膚を表すドイツ語HautからビタミンHとも呼ばれていますが、ビオチンが最初に発見されてからビタミンと確定されるまで40年かかりました。


一日の目標摂取量は、成人で30μg、小学生くらいでも20μgといわれています。腸内細菌叢により供給されるため、通常の食生活において欠乏症は発生しません。多く含む食材には酵母、肉類、トマト、卵黄などがあります。過剰障害は特に知られていません。



●欠乏症
ビオチンの欠乏症はまれですが、食事におけるビオチン欠乏症として、長期間ビオチンを摂取せず、長期間生卵の白身を食べることが言われています。1日あたり10個以上の生卵を食用し続けると卵白障害に陥る可能性があるとされています。ビオチンは卵白中に含まれる糖蛋白質の一種、アビジンと非常に強く結合し、その吸収が阻害されるためです。この場合のビオチン欠乏症は特に卵白障害と呼ばれています。また、抗生物質の服用により腸内細菌叢に変調をきたすと欠乏症を示すことがあります。



●欠乏症状


目、鼻、口、生殖器周辺の鱗状(うろこのような)発疹
白髪、脱毛
皮膚や粘膜の灰色退色や落屑
特徴的な顔の発疹(biotin deficient face)
結膜炎
筋肉痛
疲労感、食欲不振、不眠
味覚異常
肥満
血糖値上昇
神経障害


●条件
ビオチニダーゼ欠乏、ホロカルボキシラーゼシンセターゼ欠乏によりビオチン需要は増加します。
[PR]
# by tatakan | 2006-10-28 17:18 | ★乾癬情報
昨日病院に行ってきました。

今回の先生はS先生。女医さんです。

診察はこれといってピックアップする内容はありません。
軽く頭の症状確認してもらった程度。

体は?って質問され、「小さめなのがいくつか」と答えました。

まぁ、先生の判断としてはオキサを続けるかステロイドを出すか、または飲み薬が必要か?の判断をしたかったというところでしょうか。

でもって今の症状から・・・。
オキサロールを出してもらうことになりました。

d0088349_1153680.jpg






<今回の薬>
オキサロール軟膏(10g) 3本

<治療費・薬代>
治療費 :1,320円
薬代   :1,560円
[PR]
# by tatakan | 2006-10-15 11:01 | ★通院記録